豆知識 knowledge

エンジン発電機の出力

発電機の出力は発生する「電圧」と、発電機のコイルに流れる「電流」とによって大きさが決められています。発電機の出力は電圧(V)×電流(A)の積VAで示されます。一般には、1000倍のkVAを使います。
エンジン出力の表示は、従来「馬力PS」で示され、1PS = 0.736kWの関係があり、新しい表示「国際単位系(SI)」ではW、またはkWで表されます。
発電機の出力は(kVA)とエンジンの出力(kW)の間には発電機効率と力率というものが関係しています。力率は使用する負荷によって値が異なりますので、エンジン発電機としての出力を設定する場合、単相発電機では力率を1.0、三相交流発電機では力率を0.8としているのが普通です。

単相交流発電機では
       
出力(kVA) 電圧(V)× 電流(A)× 0.001
(kW) 電圧(V)× 電流(A)× 力率(cosθ)×0.001
一般に単相交流発電機では力率を1.0としているので
kW kVA
となります。

  

三相交流発電機
出力(kVA) √3 × 電圧(V)× 電流(A)× 0.001
(kW) √3 × 電圧(V)× 電流(A)× 力率(cosθ)×0.001
一般に、三相交流発電機では力率を0.8としているので
kW kVA × 0.8
となります。

エンジン出力と発電機出力は
(旧)エンジン出力(PS)
発電機出力(kVA)×発電機力率(cosθ)
0.736×発電機効率(Gη)
(新)エンジン出力(kW)
発電機出力(kVA)×発電機力率(cosθ)
発電機効率(Gη)
の関係があります。

[ 注 意 ]
 
50/60Hz共用のエンジン発電機では、エンジンの駆動回転速度により出力が異なるため、一般的に、50Hz時は60Hz時よりも出力が小さくなります。

TOP